凡人アラサーの”幸せな結婚”を目指す婚活指南書

アラサー田舎娘が”幸せな結婚”をするための婚活の仕方を紹介

ヘッダー

【性悪女】なぜ「奢らない男は無理」という婚活女子が結婚できないのか?

 

【性悪女】なぜ「奢らない男は無理」という婚活女子が結婚できないのか

 

マッチングアプリでもデート費用を「割り勘」or「男性がすべて払う」など選ぶことができて婚活中の女性ならその項目も見ている人も多いと思います。

 

デート費用を奢らない男性に対して「ありえない!無理!」と言っているor思っている女性もたくさんいます。

 

そのような女性は、奢らない男=経済力のないダメ男・・・と考えているようです。

 

しかしそんな「奢らない男は無理!」という婚活女子は結婚できません。高スペック男子なら結婚はおろか恋人になるのにも難しいです。

 

なぜなら、男性が奢るか奢らないかはお金があるなしの問題ではありませんし、お金があってもそのような性悪女には奢らないからです。

 

今回は、なぜ「奢らない男は無理」という婚活女子が結婚できないのかを解説します。

 

 

男性が何でもしてくれるのが当然と考えている

 

男性が何でもしてくれるのが当然と考えている

 

そもそも「奢らない男は無理」と考えている女性は、奢られるのが当たり前だと思ってますよね。

 

これは、自分はなんでも周りがしてくれて当然と思っているお姫様気質から来ていると思います。

 

生まれがよくて財布を持ったこともないし、値札なんて見ずに買い物するのが当たり前・・・のようなお姫様だったら仕方ないですが、そんなことないはずです。

 

そんなお姫様気質の女性は決して自立しているとは思いません。

 

そんな自立していない女性と結婚するなんて、男性にとってみれば負担でしかありません。

 

それに、奢られて当然=奢っても感謝されない・・・ってことになります。

 

男性も感謝されたくて奢るわけではないでしょうが、奢っても何のプラスにもならないなら「奢り損」と感じる男性がいてもおかしくありません。

 

「損させられた!」と思っている男性に対して、今後の交際に繋げるのはあなたの魅力が女優級であろうと厳しいです。

 

自分が選ぶ側だと思っている

 

自分が選ぶ側だと思っている

 

もしかしたら「奢らない男は無理」と考えている女性は、「デートというあなたを彼氏にするかどうか判断するチャンスを与えてあげてる」と無意識のうちに思っている可能性がありますよね。

 

これは結婚は妥協したくない、という気持ちから上から目線の思考が出ているのだと思います。

 

しかし婚活を素敵な男性を選ぶという上から目線の態度だと、いつまでたっても結婚はおろか彼氏もできません。

 

婚活は、「たくさんの男性から素敵なイイ男を選ぶ」という主観的視点で見がちですが、男性だってたくさんの女性の中から素敵なイイ女を選んでいます。

 

そんな上から目線の思考がある女性を「イイ女性」と思って選ぶ男性がいるのか?という話です。

 

男性からしたらそんな上から目線は「何様のつもり?」ですし、「俺をなめるな!」ですよ。

 

お金があるから奢るわけじゃない

 

一般的にデートは、二人で食事をしたり、遊びに行ったり二人で楽しむものです。

 

二人で楽しんだものに対して、どちらか一方がお金を払うべき!というのはおかしな話です。

 

なのになぜか、婚活女子の間では「デート費用は男性が出すべき!奢らない男は経済力のないダメ男」という高飛車な発想になりやすいです。

 

この考えは勘違いで、男性の奢る奢らないはお金のあるなしの問題ではありません。

 

お金がない男性でも、楽しいデートできて今後も仲良くしたいと思う女性相手だったらデート費用全額出すような男気のある素敵な男性もいます。

 

逆にお金がある男性でも、楽しくデートできず「奢る価値のない女性」相手だったら割り勘にしますよ。

 

特に高スペックの男性のほうが、お金や時間の大切さを熟知していますし単純にモテるので「奢る価値がない」と思えば割り勘にします。

 

非モテの男性なら奢ってチャンスを広げようとしますが、高スペックの男性ならモテるのでわざわざイイ女じゃない相手にチャンスを広げる必要がないですからね。

 

「奢る価値のない女」と思ってもお金に余裕がある男性だったら奢る人もいますが、それはあくまでもトラブル防止のため。

「奢ったんだから後からぐちぐち言わないでね?」という手切れ金みたいな感覚です。

 

お金があるから奢るわけじゃない

 

男はプライド高いといいますが、「好きな人の前ではかっこつけたい」んですよ。

 

奢らない相手=かっこつけないでよい相手=好きにならない女としての魅力がない相手

 

婚活で男性が奢るということは、「次のデートにつなげたいという男の意地」 なんだと思います。

 

なので婚活女子は奢られなかった時点で、「次につなげたくない奢る価値のない女」と思われたと反省すべきなのです。

  

「奢らない男は無理」っと上から目線で言う前に、奢りたいと思われるような魅力のある女性になってください。

 

まとめ:お互いの立場は平等である

 

まとめ:お互いの立場は平等である

 

婚活はお互いが相手を選ぶ立場であり、選ばれる立場であることを忘れてはいけません。

 

やはり男性にはデート費用を全額出すくらいの男気を見せてほしいですが、それには男気を見せたい相手にならなければならない、という視点が大切です。

 

でも逆にいえば、男気を見せない相手に尽くす必要性もないのです。

 

婚活の場は、男女とも立場は平等です。

 

尽くしたいと思うような男性に「次につなげたい女性」と思われるように、自分を磨く努力が必要です。

 

「自分も選ばれる立場なんだ」ということを意識すれば、おのずと男性に対する態度も変わり、連絡のやり取りやデートでの対応も変わってくると思います。

 

見下すのをやめて、自分の魅力をアピールする婚活をしましょう。