凡人アラサーの”幸せな結婚”を目指す婚活指南書

アラサー田舎娘が”幸せな結婚”をするための婚活の仕方を紹介

ヘッダー

【例文あり】ペアーズのメッセージが続かない人の特徴とやり取りが続くコツ

 

【例文あり】ペアーズのメッセージが続かない人の特徴とやり取りが続くコツ

 

ペアーズで婚活していると、メッセージが続かないことってありますよね?


気あったからマッチングしたのに、2~3通は続いてそれ以後が続かなかったり、最悪の場合1通目から返事がないときもあります。

 

メッセージが続かないと実際に会うことも出来ないので、婚活成功どころか恋人もつくることができません。


ペアーズで婚活中ならメッセージのやり取りは越えなければならない一つの大きな壁 です。

 

なので今回はメッセージの返信率を上げるコツを例文付きで紹介します。


この記事を読むと、返信率を下げる原因やメッセージを続けるコツがわかるので悩みが減り楽に婚活ができるようになりますよ♪

 

 

返信率を下げるメッセージの特徴

 

返信率を下げるメッセージの特徴

 

メッセージのやり取りが続かない大きな理由は、「相手が返信してくれない」 ことです。

 

返信してもらいずらいメッセージには特徴があります。

 

  1. 自分の話ばかりする
  2. 質問攻めにする
  3. わかるようなことを何度も聞く
  4. 外見ばかり褒める

 

この4つのポイントを排除すれば、返事されやすくなるのでメッセージが続く可能性も高くなるので、詳しく解説していきます。

 

自分の話ばかりする

 

 メッセージで自分の話ばかりされると、反応に困りますし「だからなに?」っと言いたくなります。

 

自分のことを知ってほしい!という気持ちはわかりますが、相手も同じく「自分のことを知ってほしい」と思っているので、自分の話ばかりしていると「私のことに興味ないんじゃないか」と思われてしまいます。

 

心理学的に、人は「自分の話を聞いてもらえたときに快感を覚え、親近感を持ったり信頼感を持ったりする」といわれています。

 

「聞き上手はモテる」 という言葉はよく聞きますよね?

”自分の話ばかりする”ことは、この真反対の行動になるので返信率を下げる非モテ行動です。

 

質問攻め

 

相手のことを知って信頼関係を深めるために質問をすることは重要ですし必ず必要です。

 

しかし「質問攻め」になってしまっては、答える方は負担ですし、つまらない会話になってしまうので逆効果 です。

 

だいたい「質問攻め」になっている会話には2パターンあります。

  1. 話題が広がりにくく盛り上がらない質問の仕方をしている
  2. 質問の答えに対して反応していない

 

「自分が答えるばっかりで相手のことは何もわからない」となると楽しくないですし、毎回質問されると尋問を受けているような圧迫感を感じてしまいます。

 

わかってることを何回も聞く

 

婚活の場では、相手の大まかなプロフィールはわかる状態が多いです。

 

なのに「年齢」「出身地」「職業」などプロフィールを見ればわかるようなことを聞かれると、「プロフィールを読まずにいいねをする人」と思われ、信用されません。

 

「話の流れで1回聞いてしまった・・・」程度なら許容範囲ですが、何度も聞かれると「適当に会話している人」という印象を与えてしまいます。

 

ペアーズでの活動自体にやる気を感じることができないので、返事も返ってこなくなります。

 

外見ばかり褒める

 

良かれと思ってやってしまっているのが「外見を褒める」という行為です。

 

「可愛い」や「好み」など、外見を褒めると「誰にでも言っている」と薄っぺらい印象を与えてしまいます。

 

信頼関係が薄い状態で、外見ばかり褒めると胡散臭いですし「体目的」など婚活とは違う目的があるんじゃないかと警戒されます。

 

しかし、褒められて悪い気はしませんのでメッセージの最初の方は外見ではなく、「優しいね」や「センスがいいね」など内面を褒めることを意識しましょう!

 

最初に送るメッセージのコツ

 

最初に送るメッセージのコツ

 

一番最初に送るファーストメッセージがしっかりしていないと、マッチングしたのにメッセージのやり取りが出来ない!ということになっってしまいます。

 

最初に送るメッセージのコツは下記の4つです。

  1. 挨拶とお礼をする
  2. いいねを押した理由を言う
  3. 質問形式で終わる
  4. 「丁寧だな」と思われることを意識する

 

詳しく解説していきます。

 

挨拶とお礼をする

 

コミュニケーションの基本は挨拶なので、「はじめまして」や「こんにちは」など挨拶の言葉は入れるようにしましょう!

 

常識的だったりや誠実さは信頼関係を築くうえで必要な要素なのでスタートからしっかりアピールすることが大切です。

 

マッチングしたお礼をつけることで、暗に「あなたとお話できてうれしい」と伝えることができるので効果的です。

 

「ありがとう」と伝えると「感謝してもらえた」と小さな喜びを与えることができるので好印象 にもつながります。

 

いいねを押した理由を言う

 

相手は「なぜたくさんの異性がいるなかで自分を選んだのだろう」と不安を持っているので、その不安を解消させる ことが大切です。

 

”いいね”を押した理由を書くことで、誠意を感じられ安心感を与えることができます。

 

「私も○○が好きなので」や「一緒に○○を出来たら」など親近感がわき、会話のきっかけにもなります。

 

質問形式で終わる

 

男性の方などメッセージが苦手な方は「マッチングありがとう!」で終わってしまいがちですが、それでは返信する気が失せる可能性があります。

 

なぜなら、一からメッセージを考えなければならず返信への負担があるかです。

 

質問形式でメッセージを終わると、それの返事に答えるだけなので悩まず返信でき負担を軽減することができます。

 

「会話を続けようとしてくれている」という印象も与えて真剣さも感じるので、メッセージの締めは質問形式で終わるのがおすすめ です。

 

「丁寧だな」と思われることを意識する

 

 「馴れ馴れしいのはダメ」と思う人もいるし、「堅苦しいのは嫌」と思う人もいます。

 

やはりお互い初対面でどんな人かわからないので、配慮が必要です。

 

どちらも同時にカバーするには、「丁寧だな」と思われることです。

 

「丁寧だな」と感じる文には、真剣さや誠実さを感じるので、フランクな敬語を使って会話になるように意識しましょう。

 

ファーストメッセージの例文

 

この4つのコツを踏まえた例文はこちらです。

 

 はじめまして♪

○○(自分の名前)といいます!

マッチングありがとうございます!

『××さん(相手の名前)』さんのプロフィールに『猫が好き』ってあって私と一緒だ!と思っていいね押しちゃいました♪

良かったら仲良くしてください!

『今も猫飼ってるんですか?』

 

『』で囲われている部分は、送る相手によって変えてくださいね。

 

ペアーズでは実名は公表されないので、会話しやすいように挨拶と自己紹介を兼ねて「○○(自分の名前)って言います」や「××って呼んでください」などあったら返信しやすいです。

 

相手の呼び方がわかっていたら、メッセージの中に相手の名前をいれると「私のためにちゃんと文章考えてくれてる」となり好印象になるのでオススメです。

 

長文になりすぎてしまう場合は、最後の質問はいいねを押した理由から派生した質問だと流れがよく長文にもなりにくいですよ。

 

一番ダメなのはテンプレ感があるメッセージなので、相手の名前を入れたりプロフィールからわかることを入れてテンプレ感をなくすことが大切です。

 

2通目以降のメッセージのコツ

 

2通目以降のメッセージのコツ

 

ファーストメッセージがうまくいけば、その後メッセージのやり取りが開始されます。

実際にデートしましょう!となるためのスタート地点に立っているので頑張りましょう。

 

2通目以降のメッセージのコツは下記の3つです。

  1. 密度を濃くテンポよく
  2. 質問→共感→自分の考え→質問
  3. 名前を入れることを意識する

 

詳しく解説していきます。

 

密度を濃くテンポよく

 

昼休みの時間や寝る前などメッセージを送るタイミングがあると思います。

メッセージが往復する回数より、そのタイミングに密度を濃くやり取りをすることを意識しましょう。

 

例えば、1日5往復するメッセージのやり取りを一つのメッセージの返信が遅くだらだらと1日かけて5往復になるより、昼休みの時間帯に2往復し寝る前の時間に3往復など限られた時間に密度濃くするほうが印象に残りやすいです。

 

ペアーズは同時に複数人とメッセージのやり取りをしていることが多いので、ひとつメッセージを送った後にその後の返事が遅いと「何の話をしてたっけ?」となってしまいがちですが、密度を濃くすると記憶に残ります。

 

密度を濃くメッセージのやり取りをするには、テンポよくする必要があります。

 

長文だったり質問が多かったりすると、考えて送らなければならないので負担になり、負担になると返信が遅くなったりめんどくさくなってしまいます。

 

なので長文で送るより、ひとメッセージいち質問程度でポンポンやり取りすることを意識しましょう。

 

質問→共感→自分の話→質問

 

たくさん質問することは、”聞き上手”にもつながるモテテクニックです。

しかし質問攻めになってしまっては、つまらない会話になってしまいます。

 

質問攻めにならないためには、「質問の返答に共感し自分の話を一言プラスしてまた質問する」 ということをしましょう。

 

例えば、

猫飼われているんですか?

飼ってないですよ~
飼いたいけど一人暮しだし遠出するのも好きなので、家を空けれた時に猫ちゃんが一人になるのはかわいそうなので我慢してます。

猫ちゃんを家に残して外出するのも不安ですもんね~(→共感)
私もそれが原因で猫を飼えなくて猫カフェに行って猫を愛でてます。(→一言自分の話をする)
○○さん(相手の名前)は、猫カフェとか行かれないんですか?(→質問で締める)

 

 こんな感じにした質問の返答に、共感してそのことについて自分の話を少し入れてまた質問で返す、ということを繰り返せば自己開示もできて質問攻めにもなりません。

 

質問も「行きますor行きません」みたいに答えやすいような質問をすると返信の負担が減る のでやり取りが続きやすいですよ。

 

名前を入れることを意識する

 

意外と多くの人が出来ていないテクニックが、随所に相手の名前を入れることです。

 

ペアーズは同時に複数人とメッセージのやり取りをしていることが多いので相手も自分は複数人の中の一人だ、という思いがあります。

 

でも

  • ○○(相手の名前)さんって『やさしい』んですね!
  • ○○(相手の名前)さんって『質問』ですか?

 

など、随所に名前を入れてあると特別感を感じて嬉しいです。

(『』の中は会話の流れで変えてくださいね)

 

名前を間違えると一気に冷めてしまうので注意は必要ですが、このテクニックが出来ている人は少ないので2通に1回は名前を入れて会話できるよう意識するだけでメッセージのやり取りが上手くいきますよ。

 

メッセージのやり取りが一番難しい

 

ペアーズを含めネット婚活の大きな一つの壁は、メッセージのやり取りです。

 

LINEなど普段から使ってるから文字でのやり取りなんて簡単なはず・・・

 って思う方も多いかもしれませんが、実際はメッセージのやり取りを続けるのは難しいんです。

 

LINEの友達とのやり取りと違って、ネット婚活は会ったこともない初対面の人 とプロフィール写真や自己紹介文からの情報のみでメッセージのやり取りをしなければなりません。

 

「文字ベースのやり取りの方が自己開示が進みやすい」 のですが、慣れるまでは大変です。

 

それに加えペアーズは、会員数が多くマッチングしやすく出会いやすい環境なのでその分やり取りしててもフェードアウト しやすいです。

 

ペアーズ公式の「お悩みQ&A」でもメッセージのやり取りに関する悩みはたくさんされてます。

 

メッセージのやり取りが一番難しい

 

「メッセージが続かない」という悩みは、一般的に一生懸命に婚活をしている人ならたくさんの人が悩むことです。

 

難しいことにチャレンジしているので、メッセージが続かないからといって、「結婚できないような人」ではないので悩み過ぎないで大丈夫ですよ!

 

 

まとめ:深追いはせず次へ行こう!

 

メッセージを続けるコツはこちらです。

 

♥ポイント♥

・上手に質問をして会話を広げる

・答えやすいようにして返信の負担を極力減らす

・名前を随所にいれて特別感を出す

 

ペアーズなどのマッチングアプリって出会える率がメチャクチャ高いので、その分少しでも負担があると返信しなくなってしまいます。

 

今回紹介したコツを頑張ってもメッセージのやり取りが続かない人とは、元から自分には合わない人の確率が高いです。

 

メッセージのやり取りを続けようとする努力は最低限必要ですが、メッセージのやり取りが続く自分に合う人を見つけること が大切ですよ。

 


 

♥おすすめの記事
ペアーズはメッセージのやり取りを続けるのは難しい・・・なら結婚相談所でもっと結婚の意識が高い場所で婚活するものアリ!
結婚相談所ってどんな人が会員なの?と不安な方はは楽天オーネットの結婚チャンステストをしてみるのがおすすめです!
入会せずに無料でできますよ♪
【最新版】無料で出来る結婚チャンステストをやってみた!診断結果と勧誘対策を公開! -