凡人アラサーの”幸せな結婚”を目指す婚活指南書

アラサー田舎娘が”幸せな結婚”をするための婚活の仕方を紹介

ヘッダー

【いいねの数は関係ない】幸せな結婚に繋がる婚活の自己PRのコツ

 

【いいねの数は関係ない】幸せな結婚に繋がる婚活の自己PRのコツ

 

勇気を出して婚活サイトに登録してみて、”いいね”の数が少なくてなかなか出会えない・・・

 

そんな悩みを持つ婚活女子は多いです。

 

私もアラサーになり結婚相手を見つけるべく婚活サイトに登録後、”いいね”が全然つかない時を経験しました。

 

”いいね”が少ないと結婚したくて、意を決して婚活サイトに登録したのに出会いが増えないような気がして落ち込みますよね。

 

私は”いいね”がつかない時期は、スマホを見る機会があるたびに”いいね”の数をチェックして一喜一憂してました(笑)

 

当時の私は

 

「いいねの数が多い=出会いの数が多い=結婚できる」

 

という思い込みがあり、”いいね”の数ばかりを気にしていました。

 

婚活疲れ直前になりそうなある日に男友達と話す機会があり、”婚活アプリでいいねが少なくて・・・”と悩みを告白したら「はっ!!」と思わされることを言われました。

 

「結婚したいの?”いいね”を増やしたいの?婚活サイト使う目的はどっち?」

「遊びの恋愛相手が欲しい人から10個の”いいね”もらうのと、真剣にあなたと結婚に繋げたいと思っている人からの1個の”いいね”もらうのどっちが欲しくて婚活サイト登録したの?」

 

たしかに!!!ですよね(笑)

 

婚活サイトで婚活していると、”いいね”など数値としてわかりやすいものに気を取られがちです。

 

しかし、婚活サイトに登録した目的は結婚相手に出会うためです。

 

これを勘違いしたままだと、せっかく婚活サイトに登録し一生懸命に活動しても、結婚相手に巡り合うまで莫大な時間がかかり本格的に”売れ残り女”の仲間入りです。

 

売れ残りを防ぐためにすべきことは、”将来の結婚相手になるような人からいいねをもらえる”ようにすることです。

 

そのためには、”将来の結婚相手になるような男性からいいねをもらえる”ようなプロフィールにすることが最優先です。

 

婚活サイトでは、”いいね”がもらえないとコミュニケーションが始まりませんし、”いいね”をするかどうかの判断材料はプロフィールしかありません。

 

なので今回は「結婚に繋がる婚活サイトでのプロフィールの書き方」を紹介します。

 

 

極論を言うと”いいね”の数と結婚できるかは関係ない 

 

極論を言うと”いいね”の数と結婚できるかは関係ない

 

この記事を読んでいる人の中には、「アラブの石油王の第〇×夫人になりたいから婚活してます」って人はいないはずです。

 

ましてや、「何人もの人をはべらかすハーレム状態の結婚をしたい」と思って婚活している人はもっといないはずです。

 

当たり前のことを言いますが、原則は一妻一夫制です。

 

ちょっとふざけたようなことを言っていますが、婚活をしていると”出会いを増やさなきゃ!”と思うあまり”結婚できる相手は一人”ということを忘れてしまいます。

 

どうゆうことかというと、”出会いを広げようとしすぎてモテようとしてしまう”ということです。

 

具体的に言えば、恋愛コラムなどでよく紹介されている「”いいね”がたくさんつくプロフィール」的なことを参考にしすぎていたり、「婚活サイトのプロフィールはウソを書かなければOK」って思いすぎていることです。

 

プロフィールの内容が”いいね”を増やすためになってしまっていて、将来の結婚相手にアピールする内容になっていないなら、結婚相手を探したくて婚活サイトに登録しているのに本末転倒です。

 

たしかに、出会いを広げることが婚活の第1歩だし出会いを広げるために婚活サイトに登録しているのでプロフィールでアピールすることはとっても大事です。

 

問題なのは、”プロフィールにアピールしていることは本当の自分なのか”ということです。

 

「自分には婚活サイトのプロフィールに書ける男性ウケしそうな事ない」

 

そう思って、ネットでみかける恋愛コラムでよく書かれている「”いいね”が増える!出会いが増える!」を参考にして

 

たまに1回仕方なく作るだけなのに”料理好き”をアピールしたり、たまたま行っただけのカフェの写真載せて”趣味カフェ巡り”にしてみたり・・・

 

その婚活を頑張ろうという気持ちが強すぎて、いつしか”いいね”を増やす!出会いを増やす!ことに意識が向いてしまい、本当の自分ではない自分をアピールしてしまっている・・・

 

結婚相手を見つけるには出会いを増やさなきゃ!という気持ちはよくわかります。

 

でも、出会いばっかり増えて将来の結婚相手が見つからないなら意味がありません。

 

逆に、結婚相手と出会いたいという目的がなかなか達成せず出会いばっかり増えてしまったら婚活疲れの原因になります。

 

婚活疲れをしてしまったら、自分に自信がなくなる→焦る→もっと上手くいかない→もっと自分に自信がなくなる、という負のスパイラルに突入し出来る結婚もできなくなるだけでなく、精神的に病んで婚活どころの話ではなくなることだってあります。

 

婚活は将来の結婚相手である1人の男性と出会えれば成功です。

 

出会いを増やすための本当の自分じゃないプロフィールで、出会いは増えても本当の自分を好きになってくれる人と出会えなければ意味がありません。

 

なので、将来の結婚相手を見つけたいのなら万人ウケをするプロフィールをつくるより、将来の結婚相手になる1人にバッチリ届くプロフィールを作る方が婚活疲れも少なく効率的なのです。

 

自己PRは「あなたに向けて書いてる」を意識して

 

プロフィールは「あなたに向けて書いてる」を意識して

 

万人ウケするプロフィールを書いても、自分の理想の相手に届かなければ意味がありません。

 

恋愛コラムで紹介されているプロフィールの書き方は、多くの男性ウケを意識した書き方です。

 

それに、”家庭的な女性をアピールしたい→料理好き”や”休日の過ごし方→カフェ巡り”など、紹介されている内容はどれもほぼ同じです。

 

婚活サイトを利用する女性が恋愛コラムで紹介されているプロフィールを参考にしたらみんな似たり寄ったりなプロフィールになってしまい差別化しようとしたら”写真勝負””ビジュアル勝負”という状況になってしまいます。

 

そんな勝負は、婚活サイトでする必要なありませんし、しても意味がありません。

 

恋愛コラムで紹介されているプロフィールの書き方は、「こんな風に書けば多くの男性に好かれますよ」という内容です。

 

しかし多くの男性と出会っても結婚する相手は1人なので、ぶっちゃけ結婚を目指している婚活には向いていない内容です。

 

重要なのは、将来の結婚相手のあなたに向けて”素直な自分”をアピールすることを意識して書くことです。

 

万人ウケを狙って書いたらどうしても抽象的な表現になってしまって、読んでくれる男性が”自分のことじゃない・・・・”とスルーしてしまいます。

 

将来の結婚相手の”あなた”に向けて書くことによって具体化され、プロフィールを読んでくれた男性が”もしかして自分のこと!?”と思ってくれれば、相手も結婚につなげようと婚活サイトを利用しているのですから必ずアクションを起こすはずです。

 

具体化することでたしかに該当者は減りますが、該当者は自分の理想に近い相手である可能性が高いです。

 

たとえば、猫が好きな人と出会いたい場合に

 

猫が好きなので猫好きの人と仲良くなれたらと思います。

 

 とプロフィールに書いてあったらたしかに猫好きな人と出会える可能性が高くなりますが、猫好きにもいろいろあります。

 

  • 猫好きだけど飼うことは出来ないから、猫カフェに行くことが好き
  • 猫好きだけど猫アレルギーがあるから、写真集などで猫を見るのが好き
  • 猫自体はそんなに好きではないけど、猫グッツが好き

 

もしあなたが”猫好きで猫を家で飼うような生活ができる人”が結婚の絶対条件だとすればと、上記の人と出会っても結婚までつながる可能性は低いですよね。

 

なので、もっと具体的に

 

猫好きなので、猫と一緒に暮らしていきたい人と仲良くなりたいです。

 

と書いてあったら、”猫と一緒に暮らしたい人”と出会うことができ結婚まで繋がりやすいです。

 

プロフィールを読んでくれた男性も、「自分も猫と一緒に暮らしたい・・・俺のことだ!」と思ってアクションを起こしてくれやすくなります。

 

たしかに、具体化することで条件を絞っているので出会いの数自体は少なくなりますが、自分が結婚するにための絶対条件を満たしている人しか出会わなくなるので婚活疲れをする可能性も低いです。

 

しかも、抽象的な表現だと考え方のズレが起こりやすいですが、具体化することで考え方の共通化がされているのでズレが起きにくく、結婚後に「こんなはずじゃなかった!」となることも少なくなります。

 

”なんでもイイと言う人”は”どうでもイイ人”

 

なんでもイイと言う人”は”どうでもイイ人

 

具体化して”将来の結婚相手”にだけアピールする・・・

 

そうは言われても、これを実践するのはなかなか勇気がいることです。

 

だって自分から出会いの数を減らす行為ですから、出会いを増やすためにマッチングアプリや婚活サイトに登録したわけなので全く逆の行為のような気がします。

 

でも、よく考えてください。

 

婚活サイトで出会うなら”どんな人でもイイから仲良くなりたい”と言う人と、”あなただから仲良くなりたい”って言う人だったらどっちの人と深い関係になりたいですか?

 

絶対後者ですよね。

 

”具体化して将来の結婚相手にだけアピールする”ということは、”あなただから仲良くなりたい”ということを伝える効果があります。

 

お互いに、”具体化した条件にマッチした人=仲良くなりたい”と思いますし、”自分のことを言ってる=仲良くなれる”と思います。

 

婚活サイトを利用していると、"出会っても深い仲になれない・・・"という人が多いです。

 

これは、出会いを増やすことを意識しすぎてチャンスを逃すことを恐れる気持ちが強くてマッチングしてしまう人が多いからです。

 

関係を深めていくということは大変なことです。

  

マッチングするさせた理由があいまいだと、この関係を深めるということがうまくいきません。

 

そしてリアルより出会いやすい状態にいるので、”この人じゃないと”という気持ちが少なく関係がうまく深まりそうじゃなかったら、簡単に次を探してしまいます。

 

なので、婚活サイトでは具体化して将来の結婚相手にだけアピールし、お互いが”あなただから仲良くなりたい”という思いでマッチングすることが重要です。

 

婚活サイトでは、たくさんの出会いがあります。

 

たくさんの出会いがあるので、万人ウケするような事を書いて”なんでもいいよ”感が感じられると”自分である必要がない”と思われてしまいます。

 

たくさんの出会いがあるからこそ、具体化して将来の結婚相手にだけアピールしたほうが”自分のこと”と感じられ、深い関係になることができるのです。

 

素直な自分をアピールして

 

素直な自分をアピールして

 

婚活サイトを使っていると”いいね”の数が気になります。


”いいね”が多いと出会いも増えるし、モテてる気になれます。


なので、どうしても出会いが増えるよう”いいね”が増えるような自己PRにしがちです。


でも婚活サイトを利用する目的は、結婚相手を見つけることです。


出会いばっかり増えて良いお相手が見つからないと意味がありませんし、”いいね”の数に一喜一憂してしまっては疲れてしまって長期戦となる婚活が続けられません。


婚活サイトでは、リアルで生活していては出会えなかったであろう人とたくさん出会うことができます。


なので、少しぐらい自分の”こんな人がいいな”を主張しても出会うことができるので大丈夫です。


単なる友達づくり、知り合いづくりで婚活サイトを利用しているわけではないはずです。


ちゃんと、”素直な自分”を愛してもらわなければ生涯を共に過ごすことはできません。


婚活のゴールは結婚することですが、自分を偽り続けるような不幸が続くような結婚なら意味がありません。


自分に自信をもって、”素直な自分”をアピールする努力をすれば、自分にぴったりの素敵な結婚相手を見つけることができますよ。

 


 

♥おすすめの記事
私がペアーズでたくさん出会いがありました。
私がペアーズを利用した感想をまとめています。
【男性も必見】アラサー女が6か月ペアーズを利用したガチ感想を公開 -