凡人アラサーの”幸せな結婚”を目指す婚活指南書

アラサー田舎娘が”幸せな結婚”をするための婚活の仕方を紹介

ヘッダー

田舎は結婚が早い問題を分析!田舎で婚活中のアラサー女が言われたマリハラ発言とは?

 

田舎は結婚が早い問題を分析!田舎で婚活中のアラサー女が言われたマリハラ発言とは?

 

 

田舎や地方は結婚が早いイメージありますよね。

 

田舎で婚活中のアラサー女子である私も、このイメージのせいかマリッジハラスメントいわゆる”マリハラ”発言 をされ傷ついた経験があります。

 

勝手なイメージだけで傷つくような発言をされてはたまったものではありません。

 

なので今回は、田舎は本当に結婚が早いのか?その理由を分析してみました。

 

 

田舎が結婚が早いのは事実・・・

 

『厚生労働省人口動態調査』の2015年の初婚平均年齢は、男性(夫)31.1歳、女性(妻)29.4歳です。

 

肌感覚で感じていたこの問題の実態を知るために、”都道府県別にみた平均初婚年齢”とデータを見てみると結果はこんな感じです。

 

女性全国平均:29.4歳 男性全国平均:31.1歳
順位 都道府県 女性 平均と比べて 順位 都道府県 男性 平均と比べて
1 東京 30.5歳 (1.1歳) 1 東京 32.4歳 (1.3歳)
2 神奈川 30.1歳 (0.7歳) 2 神奈川 31.9歳 (0.8歳)
3 京都 29.7歳 (0.3歳) 3 埼玉 31.5歳 (0.4歳)
3 高知 29.7歳 (0.3歳) 3 千葉 31.5歳 (0.4歳)
4 埼玉 29.6歳 (0.2歳) 4 山梨 31.3歳 (0.2歳)
4 千葉 29.6歳 (0.2歳) 4 長野 31.3歳 (0.2歳)
4 大阪 29.6歳 (0.2歳) 4 高知 31.3歳 (0.2歳)
5 長野 29.5歳 (0.1歳) 5 群馬 31.0歳 -(0.1歳)
6 奈良 29.4歳 (0.0歳) 5 静岡 31.0歳 -(0.1歳)
6 福岡 29.4歳 (0.0歳) 5 大阪 31.0歳 -(0.1歳)
7 北海道 29.3歳 -(0.1歳) 5 奈良 31.0歳 -(0.1歳)
7 宮城 29.3歳 -(0.1歳) 6 岩手 30.9歳 -(0.2歳)
7 新潟 29.3歳 -(0.1歳) 6 栃木 30.9歳 -(0.2歳)
7 山梨 29.3歳 -(0.1歳) 7 宮城 30.8歳 -(0.3歳)
7 兵庫 29.3歳 -(0.1歳) 7 秋田 30.8歳 -(0.3歳)
8 群馬 29.2歳 -(0.2歳) 7 茨城 30.8歳 -(0.3歳)
8 静岡 29.2歳 -(0.2歳) 7 新潟 30.8歳 -(0.3歳)
9 茨城 29.1歳 -(0.3歳) 7 富山 30.8歳 -(0.3歳)
9 栃木 29.1歳 -(0.3歳) 7 愛知 30.8歳 -(0.3歳)
9 富山 29.1歳 -(0.3歳) 7 兵庫 30.8歳 -(0.3歳)
9 石川 29.1歳 -(0.3歳) 7 鳥取 30.8歳 -(0.3歳)
9 滋賀 29.1歳 -(0.3歳) 8 北海道 30.7歳 -(0.4歳)
9 島根 29.1歳 -(0.3歳) 8 石川 30.7歳 -(0.4歳)
9 長崎 29.1歳 -(0.3歳) 8 三重 30.7歳 -(0.4歳)
10 岩手 29.0歳 -(0.4歳) 8 滋賀 30.7歳 -(0.4歳)
10 愛知 29.0歳 -(0.4歳) 8 福岡 30.7歳 -(0.4歳)
10 鳥取 29.0歳 -(0.4歳) 9 青森 30.6歳 -(0.5歳)
10 徳島 29.0歳 -(0.4歳) 9 山形 30.6歳 -(0.5歳)
10 熊本 29.0歳 -(0.4歳) 9 福井 30.6歳 -(0.5歳)
10 大分 29.0歳 -(0.4歳) 9 岐阜 30.6歳 -(0.5歳)
10 鹿児島 29.0歳 -(0.4歳) 9 京都 30.6歳 -(0.5歳)
10 沖縄 29.0歳 -(0.4歳) 9 徳島 30.6歳 -(0.5歳)
11 青森 28.9歳 -(0.5歳) 10 島根 30.4歳 -(0.7歳)
11 福井 28.9歳 -(0.5歳) 10 鹿児島 30.4歳 -(0.7歳)
11 三重 28.9歳 -(0.5歳) 11 福島 30.3歳 -(0.8歳)
11 広島 28.9歳 -(0.5歳) 11 広島 30.3歳 -(0.8歳)
11 香川 28.9歳 -(0.5歳) 11 長崎 30.3歳 -(0.8歳)
11 佐賀 28.9歳 -(0.5歳) 11 熊本 30.3歳 -(0.8歳)
12 秋田 28.8歳 -(0.6歳) 11 大分 30.3歳 -(0.8歳)
12 山形 28.8歳 -(0.6歳) 11 沖縄 30.3歳 -(0.8歳)
12 岡山 28.8歳 -(0.6歳) 12 和歌山 30.2歳 -(0.9歳)
13 岐阜 28.7歳 -(0.7歳) 12 岡山 30.2歳 -(0.9歳)
13 和歌山 28.7歳 -(0.7歳) 12 香川 30.2歳 -(0.9歳)
13 愛媛 28.7歳 -(0.7歳) 12 愛媛 30.2歳 -(0.9歳)
13 宮崎 28.7歳 -(0.7歳) 12 佐賀 30.2歳 -(0.9歳)
14 福島 28.6歳 -(0.8歳) 13 山口 30.1歳 -(1.0歳)
14 山口 28.6歳 -(0.8歳) 14 宮崎 29.9歳 -(1.2歳)

 

やはり、東京などの大都市と比べると地方の方が結婚が早いですね。

  

田舎は結婚が早くなる理由がある

 

 では、なぜ田舎にいると結婚が早くなるのでしょうか?

 

それは3つの理由があると思います。

  1. 早く社会人になる説
  2. コミュニティーがしっかりある説
  3. 娯楽が少ない説

 

私も今現在人口が10万人もいない田舎に住んでいますが、 周りの結婚している人を見るとこの3つのどれかに当てはまっていると思います。

 

早く社会人になる説

 

早く社会人になる説

 

田舎に残っている人は、高校卒業後に就職し社会人になっていく人が多いです。

 

大学進学し卒業後に就職するとなると早くて22歳、大学院まで進学すると24歳以上で社会人になりますが、学生時代はもちろん社会人になりたてですぐ結婚!を考える人は少ないです。

 

それに何らかの勉強やスキルを身に着けるために進学したわけですから、進学したことで自分に身に着いたスキルを活かしたい!と思えばおのずと結婚について考えるのが遅くなります。

 

しかし高校卒業後から就職している人は、進学組が社会人1年生を迎える時、社会人4年目・5年目になっていて経済的に安定し始めるので、結婚について考えることができるようになっています。

 

でも、田舎に残って実家から大学に進学している地元進学組はどうなるの?

 

たしかに、田舎に残っているからといって大学進学しないわけではなく田舎に残って実家から大学に進学している地元進学組もいます。

 

地元進学組にはこの早く社会人になるから結婚が早くなる説は当てはまらない気がします。

 

しかし、地元進学組は田舎に残っているので高校卒業後から就職している友達と会う機会は多いです。

それに対して、都会に進学すれば1番近くにいるのは進学した先の学校の友達になります。

 

人はどうしても周りの環境に左右されるので、結婚を意識するのが早い高卒就職組と会う機会が多い地元進学組のほうが早く結婚を意識しやすいといえるでしょう

 

私は都会に進学後進学先で就職した後地元に帰ってきた組ですが、進学した先で出会った学校のクラスメイトの中に結婚のため中退した人がいましたが、その人もいわゆる地元進学組でした。

 

中退までしなくても、”卒業したら結婚しよう”と決めているパターンも多いですね。

 

田舎はコミュニティーがしっかりできてる説

 

田舎はコミュニティーがしっかりできてる説

 

田舎に残っていれば、小学校や中学校でできた同級生や先輩後輩のコミュニティーがそのままあり自然と自分もその中の一員になっていることが多く、部活動などをしていたら、そのコミュニティーが広がることも多いでしょう。

 

やはり出会いがなければ結婚どころか恋愛が始まりません。

 

コミュニティーがあれば、飲み会の誘いや遊びの誘いを受けることができるので、同級生の連れや先輩の友達などコミュニティーの輪が広がりやすく出会いが増えます。

 

しかし田舎を離れて進学・就職してしまうと、どうしてもその先でのコミュニティーを自ら形成しなければなりません。

 

”中学の仲間は付き合いが長くなる”とよく言われますが、「あの担任の先生がウザくてさー」とか「学校サボって○○一緒にしたよね」など一緒に育ってきた”思い出”を共有している分だけ自然とできたコミュニティーは深いです。

 

ですが、進学先・就職先で作るコミュニティーは自然と思い出を共有していない分だけ深い関係になりにくいパターンも多いです。

 

進学先・就職先で仲の良い友達はいるけど、真剣に悩んだりして相談する相手は田舎の地元の友達って人も多いと思います。

 

やはり男女問わず、共有しているものが多いほど関係が近くなりやすいので田舎の地元コミュニティーから広がる出会いは近い関係になりやすいです。

 

出会いを広げやすく、関係も近くなりやすいコミュニティーを持っている田舎は結婚までの道のりが整備されているといえます。

 

娯楽が少ない説

 

娯楽が少ない説

 

都会だったら、ぷら~と30分以内に映画に行けたり毎週何かのイベントがあったりするので、楽しいことがたくさんあったりして1人でも暇を紛らわせやすい環境です。


しかし、田舎はキャンプや釣りなど自然を楽しむアウトドアが趣味な人にはいい環境ですが、そのような自然派アウトドアを楽しめなければ刺激的なことは少ないです。


休みの日にイベントや趣味に簡単に触れ合える都会にいれば、暇を感じることが少ないですが、田舎はそのような暇を紛らわせる娯楽が少ないので、恋愛や人づきあいで時間を使うようなります。


簡単に言えば都会の場合は

  1. 夢中になれることが簡単に近くにある
  2. 暇にならない
  3. 寂しさを感じにくい
  4. 恋愛後回し

 

それに対して田舎だと

  1. 夢中になれることが少ない
  2. 暇だな
  3. 寂しいな
  4. 恋愛しよう

となることが多いですね。

 

【体験談】「女性はクリスマスケーキだから」と言われました・・・

 

「女性はクリスマスケーキ」 って言葉の意味はわかりますか?

 

田舎住みのアラサー婚活中の私がこの言葉を聞いたのは前の職場のおじさんからでした。

 

この言葉の意味としては・・・

 

「女性はクリスマスケーキと一緒!

24歳(24日クリスマスイブ)に売るにはちょっと早い

25歳(25日クリスマス当日)に売るのがベスト

26歳(26日クリスマス翌日)は売れ残り」

 

ということです。

 

「俺らの頃と時代が違うから~」とフォローを受けましたが、ほぼセクハラで訴えても勝てそうな発言ですよね。

 

仕事でお世話になっているし、そんなこと言われても問題にならない関係性なので良いのですがショックはショックでした。 

 

田舎はこんな言葉がまかり通るくらいの環境なんですよね。

 

「アラサーで婚活に一生懸命」な気持ちはなかなか周りの結婚済みの友達には理解できないでしょうしで、本音で話せる相手がおらずこの気持ちを相談する相手がいませんでした。

 

そんな私がこの辛い気持ちを相談した相手は、【電話占いヴェルニ】 でした。

 

ヴェルニはテレビやラジオで出演多数な全国各地の有名な占い師が多数在籍していて、10年以上の運営実績から信頼度も業界随一な電話占いです。

 

【電話占いヴェルニ】  は、会員登録は無料ですし会員登録をすると2500円分の無料鑑定もしてもらえます。

 

無料鑑定となると重要なことは課金しなければならなかったりしますが、実際私が鑑定してもらってもしっかり診断結果聞けましたし、相談もちゃんとできましたよ。

 

婚活の悩みはデリケートですよね・・・

周りの友達に相談すると「ガツガツしてる」と思われたり、友達の顔色を窺ったりして本音で話せなかったりしてなかなか悩みが軽くなりません。

道端での「○○の母」的な占いは、人目も気になります。

 

しかし電話占いなら人目を気にしなくて済みますし、占い師なので気にせず心の底の隠していた本音を相談することができます。

 

占い師の500名以上で在籍数と実稼働数は業界ナンバーワンですし、電話が苦手ならメール鑑定もしてもらえます。

 

後払い決済もできますし、クレジット決済や電子マネー決済まど決済方法が充実しているのでありがたいです。

 

新規会員登録なら無料で有名な占い師に鑑定してもらえる老舗の電話占い【電話占いヴェルニ】 で悩みを相談してみましょう。

 

↓無料鑑定はこちらから↓

 

まとめ:田舎は結婚しやすい環境ではある

 

「田舎は結婚が早い問題」について分析してみました。

 

でも逆に考えると、結婚しやすい環境でもあります。

 

田舎は狭いコミュニティーなので、話題が共有されやすいので仲良くなりやすいですし、受け止め方次第ではありますが親や周りからのプレッシャーを受けることもできます。

 

自分の意志だけだと「まーいっか!」と思ってしまいますが、プレッシャーをかけられたり、周囲がみんな結婚して幸せそうな環境にいるとお尻に火をつけてもらえますよね。

 

プレッシャーを感じすぎて悩みすぎるのもよくないので、定期的に相談して発散しながら田舎で幸せな結婚をゲットしましょう!

 


 

おすすめ記事
田舎でも安全にたくさんの人と出会えたマッチングアプリはPairs(ペアーズ)です。そのPairs(ペアーズ)を利用した感想をまとめています。
【男性も必見】アラサー女が6か月ペアーズを利用したガチ感想を公開