凡人アラサーの”幸せな結婚”を目指す婚活指南書

アラサー田舎娘が”幸せな結婚”をするための婚活の仕方を紹介

ヘッダー

婚活メンタル

「恋愛がうまくいかない・・・」婚活女子が人見知り改善したマインドセット術

たくさんの男性と出会っても人見知りだからうまく恋愛に発展しない・・・ って悩んだ経験はありませんか? 私も実は人見知りに悩んでいました。 婚活を頑張ろうと心に誓っても、いざ男性を前にすると緊張してしまったり、全然言葉が出てこなかったりして自暴…

成婚料はいらない!凡人アラサー婚活女子が成婚料を不要だと思う理由

結婚相談所で婚活をするとなると一番ネックなのは、金銭的なコストです。 その中でも「成婚料」というものはひっかかりますよね。 正直「成婚料」って謎です。私はぶっちゃけ成婚料なんて必要ないと思っています。 というのも、「成婚料」というのは会員ファ…

【性悪女】なぜ「奢らない男は無理」という婚活女子が結婚できないのか?

マッチングアプリでもデート費用を「割り勘」or「男性がすべて払う」など選ぶことができて婚活中の女性ならその項目も見ている人も多いと思います。 デート費用を奢らない男性に対して「ありえない!無理!」と言っているor思っている女性もたくさんいます。…

婚活中にたくさんキープされた!のでその特徴と対処法を公開

私は、婚活中にたくさんキープされました・・・ 。 しかし婚活中は、たくさんの人との出会いの中から結婚を見据えた真剣交際ができる理想の相手を見つけるために行動します。 なのでキープされることは仕方がないことですが、やはりキープされることは辛いで…

28歳婚活女子がマインドセットして漠然とした不安を解消する

28歳ってそろそろ30代が見えてきて、周りも結婚ラッシュの時期ですよね。 恋愛もまだしたい気持ちもあるけど、一生独身だったらどうしよう・・・と不安もある という婚活中のアラサー女子も多いと思います。 しかし婚活市場で同じアラサーの29歳と30歳では雲…

【無料で始める】婚活女子へおすすめする幸せな結婚ができる趣味とは?

婚活をしているとよく聞かれる質問のひとつに「趣味」 があります。 婚活では様々なシーンで「自分を知ってもらう」ために、年齢や職業や好きなこと・・・などあらゆる情報を相手に伝えなくてはなりません。 でも特に婚活につかえるような趣味がない・・・ …

【デブ】太っている女性は婚活厳しい!デブ女が婚活が不利な3つの理由

「ぽっちゃり好きの男性を見つけて付き合えばいい!」 「デブの男性を狙えば彼氏できる!」 と体型にコンプレックスがある女性には厳しい現実ですが、 太っている女性は、恋愛において”とっても”不利です。 特にアラサーになり、結婚を見据えた出会いの場で…

「ろくな男がいない」という婚活女子は一生独身!その理由を解説

「ろくな男がいない」が口癖になっている婚活女子が一生独身の理由は、『いい男いない病』に罹っているからです。 結婚したい!とマッチングアプリなどの婚活サイトに登録したり、婚活パーティーに参加したりしっかり行動していることは、とても偉いですし努…

ある研究結果から婚活を始めるベストタイミングを考えてみた

仕事も頑張りたいし、趣味も楽しみたい!それにもうちょっと気軽な恋愛も楽しみたい!令和になったこの時代の女性ならだれもが思うと思います。 しかし、同時に思うことがあります。それは 「いつか結婚もしたい」 結婚っていつか時期が来たら自然にできるも…

「モテないわけじゃない」彼氏が途切れないアラサー女が幸せな結婚できない訳

「結婚って恋愛の延長線上でしょ?」 「それなりにモテてきたし、本気になれば結婚なんて余裕」 と思っている独身アラサー女子は多いですが、ぶっちゃけ言うとそのスタンスだと一生独身です。 それなりにモテてきて彼氏が途切れたことがないアラサー女子が誤…

【運命の相手はネットに】ネットの出会いが結婚に向いている理由

リアルで出会いないけど、婚活サイトやマッチングアプリなどのネットでの出会いは不安・・・ そう思ってなかなか婚活が進展しない人も多いと思います。 ”ネットでの出会いを探す人はリアルでは結婚できなさそうな難あり人間だけでしょ”って思っている人もい…

【安心して!】婚活うつになった私が編み出した婚活疲れの解決策

結婚しようと出会いの場所に行き、いろんな人と出会ってみたり、連絡のやり取りをしてみたり、デートしてみたり・・・ 一生懸命に頑張ってるからといって上手くいくとは限らないのが婚活です。 思い通りにならない、とはわかっていても努力が報われている実…

田舎は結婚が早い問題を分析!田舎で婚活中のアラサー女が言われたマリハラ発言とは?

田舎や地方は結婚が早いイメージありますよね。 田舎で婚活中のアラサー女子である私も、このイメージのせいかマリッジハラスメントいわゆる”マリハラ”発言 をされ傷ついた経験があります。 勝手なイメージだけで傷つくような発言をされてはたまったものでは…